お食事 夕席(価格は税別表記)

夜のお食事のご利用

たけ橋の夕席は、料理人が振るう本格的な手作りの和食です。
ご予算と食べたいものをお聞きしながら、その時期にしか味わえない旬を取り入れたお料理を素材を吟味してお出しします。

特にご希望がなければ「お任せ」でもかまいません。
仕入れ、仕込みの関係があるので前日までにご予約くださると安心です。
特にご希望の食材やお料理が無ければ当日19時までのご予約でご用意いたします。



平日の夜の夕席のご利用がお勧めです。


たけ橋では本格和食でありながら、気軽に召し上がって頂ける価格でご提供しています。
特に平日夜はそうしたお食事メインのご利用も人気です。
お友達やお仲間と、もちろんお一人さまでのご利用でも歓迎いたします。

お酒が飲めない方でも「美味しい和食の料理が食べたい」ということでしたらお気軽にお越しください。

会席料理


会席料理とはコース形式の和食の料理です。
ご予算に応じてお出しするお料理が変わってまいります。

3,500円、4000円、4500円、5,000円、6,000円、7,000円、8,000円
※上記価格以外は、お尋ねください。

その他、一品料理ございます


お好みの料理やご予算をお聞かせください。
会席料理ではない、おばんざいやお酒を楽しみながら食す一品物もご用意いたします。

また別日に食材をお持ち込みいただいて「これで◯◯を作って」と言っていただければ、お料理いたします。
ご自身でお釣りになられたお魚や、山菜などを持ち込まれるお客様もいらっしゃいます。
平日に釣られた魚をお持ち込みいただき、週末に宴会で魚を食べたい、というご要望も歓迎です。

※食事をされる当日、連絡のない急なお持ち込みはご遠慮ください。
※魚の持ち込みについてはこちらのページで詳しくご案内しております。

ビジネスシーンの接待、おもてなしに

味楽亭たけ橋では平日の夜に接待で利用されるお客様もいらっしゃいます。
ビジネス会議の後のお食事に、商談を含めたお食事に、
そして本格和食でおもてなししたい、という方にご利用いただいています。

好評を頂いている方には、
40代~60代のビジネスマンだけでなく、
外国からのお客様と一緒にお越しになられる方も多いです。

当店では宗教や文化の違いによる食材選びや
好き嫌い、アレルギーなどへの配慮もしております。
ご予算に合わせて、旬のものをおまかせで、というご注文も得意です。
お気軽にお人数、アレルギーやご希望のお料理ご予算等、お申し付けください。

お部屋は個室、カウンター、貸し切りなどご相談いただけます。
またお店の立地の関係もあり、静かに会話を楽しみながらお食事出来る接待向けのお店です。
ぜひ、たけ橋の接待、おもてなしをご利用ください。

接待に関するブログ記事を見る

お飲み物(価格は税別表記)

ビール

  • 生ビール     600円
  • お酒       600円
  • チューハイ    600円
  • 梅サワー     600円
  • レモンサワー   600円

日本酒

豊田のお酒
  • 菊石 3600円~5000円
京都のお酒
  • 古都 3600円
  • 聚楽第 4000円
  • 醸人九平次 4500円~

※この他にたけ橋が厳選した日本酒・焼酎・ワインがございます。

ノンアルコール

  • ノンアルコールビール 500円

ソフトドリンク

オレンジジュース 400円     
コーラ      400円
ウーロン茶    400円

お客様へお願い

味楽亭たけ橋では、お車でお越しのお客様で運転をされる方、(ドライバー)へのアルコール類のご提供は致しておりません。予めご了承下さいませ。
飲酒運転撲滅へ、ご理解とご協力をお願い致します。

和食のプロの作る「おせち」


三段重

ミニ 二段重


年の瀬が近づくと予約を開始させて頂きます。
毎年、松坂屋豊田店さんでも、販売をして頂いています。

特製お節 三段重 (4~5人前)
ミニ 二段重 (2人前)


毎年ご依頼いただく常連様もいるたけ橋のおせち。
全てを職人である店主一人の手により作られるおせち料理です。
和食のプロの作るおせちをぜひご利用ください。

また宅配をご希望の方は別途、お申し付け下さい。

たけ橋

愛知県豊田市桜町2-54 松村ビル1F
駐車場について

TEL (0565)33-8161

ランチ
11:30〜14:00(L.O. 13.30)
夕席
17:30〜21:30(L.O. 20.30)
月曜定休 (予約営業承ります)

  • ご利用の目的をお選び下さい
  • お食事
  • お食事
  • 挙母神社のお宮参り
  • 赤ちゃんの成長を祝う
  • 宴会 祝い席
  • 法要 仏事
  • 仕出しお弁当
  • 釣った魚の持ち込み
味楽もの語り

ページ上部へ